メンテナンス

1.築年数に関わらず重要箇所は定期的に点検する。

主要構造部といった重点箇所は当初から油断せず定期的に点検する。

2.床下と小屋裏の情態は毎回必ず視認
雨水の進入や蟻害などの痕跡がないかを確認する。

PLUGIN_SIZE_USAGE4.不具合に早い段階で気付ける目を養う。
不具合は早期発見できれば容易に補修できることが少なくない。
5.ユニットバスの搬入タイミングにも目配り。
一般に断熱施工は木工事の後に行う。
例えばユニットバスを断熱材施工前に入れてしまうとその背面の壁など、周囲に断熱材を重点できない箇所が生じる恐れがある。

6.筋交いや横桟がある壁を適切に施工したか。
袋入り断熱材を筋交いなどの裏にそのまま入れると、筋交い周辺で圧迫されて厚みが薄くなってしまう。筋交いに沿って断熱材を切り込むなどして厚さを確保する。