きりん建設ニュースレター

熊本地震において
日本は、火山国、どこで、どちらでも地震が起きても不思議ではないのです。
被害者のインタビューにて、「家は丈夫にしておかないといかんなあ」
「もう考えなくてはならないなあ」と言われていました。今の耐震診断では、
震度7以上に耐える診断はないので心配だとも言われていました。
また、これだけの災害が、みなさん起きるとは思われなかったと思われます。
震度1以上が780回以上という異常の状態である。
私が、宮城地震の時、講習に伺ったとき、新しい工法の家が崩れ落ち、筋交いがちぎれ、(部材検討の際、最低限の構造計算だったのでしょう。)古民家が、無傷で残っているのは、びっくりでした。昔の組子方式の方が強いのが見直されたのです。「伝統工法を生かす木造耐震設計」を大学の先生に教わったときに、つくづく思い、考えた次第です。リフォームでも同様だと、改正前の建物が多く残っている以上耐震診断は大切と考えています。

東広島市S邸玄関改修工事
画像の説明
柱が腐食して竪樋がくの字に曲がってる。

画像の説明
柱が腐食にて建物が下がっていた。

画像の説明
角材にてジャッキアップして作業をしました。

画像の説明
柱を増やしてデザインを考慮して仕上げました。

<不安・疑問の問題状況報告>

  リフォームには疑問・不安たらたらでした。
画像の説明
浴室・トイレを他者にて施工していただいたが、浄化槽に雑排の接続がしていただいてないのでこの度、台所今の改装するときに接続させていただきました。
先だって友人のところに行ったのですが、リフォーム屋(元設備屋またリフォーム会社にて)にしていただいたのですが、疑問・不安たらたら言われてました。最後には喧嘩別れでした(工事は終わってないのに、追加金まで請求され、払わされた。ましてや金銭問題になった。)というお話をされました。
「きりん建設さん何とかいい案を出してください。」との連絡でした。
我がきりん会社は、リフォームにかかわらず、絶対、図面を書き(小さい、大きいにかかわらず)再々伺いこれでいいかまで、確認し契約・施工にかかります。
施工段階になると、毎朝、各業者と施主毎度打合せし、進捗状況を確認・監理し、打合せを怠りません。こうすれば、お客さも安心され不安も・疑問もなくスムーズに家づくりができるのです。
それを横着すると、業者任せて(会社自体、施工に関し理解できる人がいない)の状態が不安・疑問が沸いて最後には、「言い合い」喧嘩別れとなり、ユーザーも気分が悪い状態が起きているのが現状です。

<対策>

解決策は、信用ある施工会社、技術監理、予算管理ができる会社を選択するべきです。(営業が受けてくれば、業者任せの会社が一般的に多いですから)
信頼・信用・技術力(例えば、一級建築士・一級建築施工監理士がいる会社)のある会社が**最適です。監理士も現場に行って見ないようでは失格ですね。
私としては、お客様に上記のように大きな声で訴えたいですね。

家事でエコ!着古した衣類を使い切る
使い捨てお掃除グッズの代わりに
気楽に使える「使い捨てぞうきん」や「トイレ掃除専用使い捨てシート」は、とても便利ですが、それなりにお値段も高め。わざわざ買わなくても、古くなって着なくなった衣類やタオルを利用することで、充分に代用できます。例えば、首回りが伸びてしまったTシャツなど、もう使わないと判断した衣類を、程よい大きさに切り、箱などにストックしておきます。掃除のたびに、一枚ずつ使って、汚れたらぽいと♪ゴミ箱に捨ててしまうのです。フリースならホコリをキャッチする力が抜群ですし、吸収力もあるので、水などをこぼした時の拭けば、油汚れや手垢もきれいに取れます。タイツやストッキングはモップの先にはかせると、静電気でホコリや糸くずも取ってくれます。しかもとれたゴミもくっいたま落ちません。
画像の説明

家事でエコ!無料で読む・見る・聞く・学ぶ
図書館をフル活用」してお小遣い節約
図書館で本を借りる人は多いと思いますが、あなたはちゃんとフル活用していますか?
子供にの絵本はもちろん、まんがやCDブックを借りられる図書館があります。
さらに、音楽CDや映画DVDのある館なら、レンタルに行かずにすみますね。
また、ファッション誌や趣味の雑誌なども置いてあるので、買わなくても毎号読むことができます。最新号でなければ借りることも可能だし、古くなった雑誌や図書は市民に無料提供される場合が多いです。処分する次期は市報などで告知されるので、チェックしておくといいでしょう。そして旅行に行くときもガイドブックを図書館で借りれば、その分おいしいものが食べられますね。
さらに、図書館では無料の市民講座が開催されることがあります。
高い受講料を払わなくても、いろいろな知識を学ぶことができます。

家事でエコ!
あなたはコーヒー派ですか、紅茶派ですか、それとも日本茶派?いずれにしても飲んだ後は毎回カスが出てしまいますね。今回は、そのカスを再利用する方法です。まず、コーヒーの飲みカスは脱臭剤がわりに利用できます。袋に入れて臭いの気になるところに置くか、そのまま灰皿に入れます。
コーヒーの残り香が嫌な匂いを消してくれますよ。
ただし、良く乾かしてから使わないとカビが生えるので注意してください。
また、カスをストッキングに入れて体のマッサージをすると、カフェインがリンパ液の流れを促して健康にいいとも言われています。
紅茶の場合は、黄ばんだシャツを染めるのに使います。
落ち着いたシックなカラーになって、もう一度楽しめるでしょう。
お茶がらは、部屋をほうきで掃くときに床にまくと、ほこりが立たず、きれいに掃除できます。

お悩み家づくり相談室-1
家族と同居するので洋室を増やしたいのです。
[Q]高齢になった母親と同居することにしたので、部屋を増やしたいのです。歩きやすいように平らな床で、寝起きが楽なベットがいいというので、洋室にしようと思います。
[A]最近は、高齢者こそ洋室に住む人という家庭が増えています。フローリングの床は歩きやすく、杖や車椅子を使うようになったときも楽です。
ベットなら押入れも必要ないので、クローゼットにして、物入れにしたり、服をハンガーにかけてしまったりできます。
お母様が使いやすいように、手の届く高さなど確認しながら作るといいでしょう。
家族が仲良く楽しく暮らせるように、家づくりをお手伝いします。

お悩み家づくり相談室-2
和室が古くなって暗い感じがするのですが・・・・
[Q]和室が古くなったせいか、部屋の中が暗い感じがします。明るくして気持ちよく使えるようにして下さい。
[A]和室は、居間や来客室に使えて、そのまま客用寝室にもなる便利な部屋です。さらに、葬祭など特別な時の会場にもなります。
せっかくある和室を気持ちよく使うためにも、改装するのが良いでしょう。
具体的には、面積の広い天井を明るい木調化粧板に張替え、壁のじゅらく塗りと畳表を新しくします。これだけでも部屋が明るく感じるはずです。
次に、縁側に明るい縁甲板を重ね張りして、襖や障子などポイント部を好みのデザインに替えます。見た目が明るくなるだけでなく、新しい木や畳の香で心身が
リラックスし、安らぎを感じるでしょう。
洋間に変更  和室を洋間フローリングに変更
a:1204 t:2 y:0